時の過ぎゆくままに、その時その時の感じたことをブログにしています。
<< グレン・ミラー物語 ムーンライト・セレナーデのリード・クラリネット | main | ノバ 被害は続く >>
サウンド・オブ・ミュージック ザルツブルクのすてきな風景
JUGEMテーマ:音楽


最近ブログをさぼっていたが、ひょんなことから音楽好きな訪問者があったりで、少しモチベーションが上がってきた。
もともと縛られるのが好きではないので、ミ○○ィーみたいな強迫観念に縛られて書くのはいやだとずっと思っていたので、こういう自然な訪問者には感謝したい。

先々週に古いビデオテープを引っ張り出して、「サウンド・オブ・ミュージック」を見た。何年か前に録画したものだ。これを見るのは中学校以来ではないだろうか?
中学の時は、リバイバルでとなりの市の映画館にかかった時か、テレビで吹き替えで放送されたのを見たのだろう。

3倍速での録画だったので、少し画像は荒れていたが新鮮な感動がよみがえって来た。
確かジュリー・アンドリュースは数年前に亡くなったと記憶しているが、とても美しく、すばらしい歌声だ。1965年の制作だから私が丁度小学校に入学したころだ。日本ではペギー葉山がこの歌を歌っていたような記憶がある。

ストーリーの細かいところまで記憶していなかったが、新たにみるのと同じで新鮮な気持ちで感動した。何よりもザルツブルクの風景が美しい。当時のことなのでオールロケに違いない。最近暴力的なCG処理の映画が増えているが、「大脱走」もそうだが、大がかりなロケは他のどんな映像手法より深い感動を見る者に与える。

そう、ザルツブルクは、モーツアルトのふるさとだ。昨年オーストリアに行けなかったのは返す返すも残念。ホ○ツの会のKさん、Fさん、ザルツブルク公演はないのでしょうか?
その時は中古のリフォームド・ベーム買って参加しますのでよろしく!!

Posted by : 春野おがわ | 映画・ドラマ | 00:06 | comments(0) | -| - |
コメント









TOP