時の過ぎゆくままに、その時その時の感じたことをブログにしています。
<< 海での思い出を教えてください! | main | 2008年コンサート ベスト5 >>
ウィーン紀行
ちょっと前の話しですが、8月8日〜15日までオーストリアに行ってきました。久しぶりの海外です。オーストリアといえばウィーン、音楽の都ですね。実は2006年のモーツアルトイヤーの時に行く予定だったのですが、夏前に水腎症がみつかり夏に入院したりしていて流れてしまった経緯があります。夏のウィーンなんてコンサートがなくてつまらないという人もいるでしょう。でもオーストリアはウィーンだけじゃないですからね。今回はザルツブルグやヴァッハウなどにも足を伸ばしたので夏で正解でした。

まずウィーンですが、真ん中の数日を除いて寒かったです。上着がないととても我慢ができないくらいでした。普通は薄着の外人達も上着をしっかり着込んで歩いていました。夏休みという時期のせいか外人観光客がやたらと多かったです。イタリア人、フランス人、イギリス人、スペイン人、日本人、韓国人、中国人といった具合で何か尋ねようとしてもどれが現地の人か分からないくらいです。でもすぐに見分けがつくようになりました。やっぱり国は違っても観光客は観光客です。

海外では日本人観光客の評判がよくないようですが、私の見たところ日本人はだいたいツアーで団体行動をするので個人旅行者に実害は少ないのではないでしょうか? 目についたのはイタリア人のグループの傍若無人ぶりです。 だいたい10人から15人くらいで何家族かの家族旅行なのでしょう。まずチケット売り場で列をちゃんとつくらない。だれか1人ならんでいると仲間が次から次と割り込んでくる。びっくりするほど英語がわからない。だいたいドイツ語と英語で解説など書いてあるのでそれを読めばわかるはずなのに窓口で延々と主張する。しかもイタリア語で。日本に帰ってきて知人のイギリス人にその話をすると「ああ、それは有名だよ。イタ公って怒鳴ってやればいいのだ」と平気な顔でした。

有名な観光スポットでは中国人と韓国人の団体旅行が目に余りました。昔は日本人がそうだったのでしょう。旗を持ったガイドが他の客などお構いなしで大声で案内をして我が物顔で館内を歩いて行きます。少なくない人数の団体はそのガイドの後を津波のように動いて行きます。日本人はどうかというとあくまでも個人レベルですが、日本語の案内レシーバを耳にあて解説に従って他の外人たちといしょに館内を静かに歩いていました。オーストリアでは有名な観光施設ではだいたいこの翻訳案内レシーバが用意されていて必ず日本語もありました。

ヴァッハウ渓谷のライン川クルーズでは、ドイツ語、英語、イタリア語、スペイン語、日本語の順で案内が流れます。当然船は流れに乗って動いていますので、2番目の英語くらいで聞き取らないと最後の日本語が流れるころには景色はずっと後ろになってしまいます。それぞれの言葉の案内の時に顔がそちらの方向に向くので何人かすぐにわかって面白かったです。まだまだ話しはつきませんが、おいおい紀行を書いていきたいと思います。

JUGEMテーマ:旅行


Posted by : 春野おがわ | 旅行 | 02:08 | comments(0) | -| - |
コメント









TOP