時の過ぎゆくままに、その時その時の感じたことをブログにしています。
<< 2008年コンサート ベスト5 | main |
内田さんとお食事をする
JUGEMテーマ:グルメ
 先日近著を高校の先輩である内田さんに送ったところ、FAXが来ていっしょに食事をすることになった。内田さんはビール専門の輸入商社を経営されている方だ。今までも同窓会で何回もお会いしていたが、会社にお伺いするのは初めてで、ゆっくりとお話するのも初めてだったのとても楽しみにしていた。

代官山の駅まで社長自ら車を運転して迎えにきてくださった。ほどなく会社に着くとそのインテリアのすばらしいこと。さすがに世界各国と取引をしているだけに垢抜けている。社長室で田舎の話や某ヨーロッパの有名飲料の日本輸入にあたってのマーケティング戦略などを膨大な丸秘の資料を見ながら教えてもらった。

その後、タクシーで白金へ。日本料理の箒葊(そうあん)に案内される。ほかに客はいない。ここで内田さんの創業の逸話や現在の営業内容など詳しく聞かせてもらう。内田さんは元スキー選手で、札幌オリンピックを目前にした大学1年生の時にけがをして選手生活を断念、周囲を見返してやろうという思いから単身米国に渡り、ビジネスの種を求めて現在のビジネスに至ったとのことである。

よくありがちな創業社長の人生訓とは違って、聞いていてもとても楽しい。箏葊のお寿司がおいしいからかもしれない。内田さん曰くお寿司のしゃりは150粒がちょうどよく、温度は体温より少し高めがネタのおいしさを引き出すとのこと。

すっかりとごちそうになり帰ってきたが、こんなすばらし先輩がうちの高校にいたことを少し自慢に思うとともに自分もがんばっていかねばと思った次第である。
Posted by : 春野おがわ | お食事 | 15:17 | comments(0) | -| - |
コメント









TOP